おさんぽ こうえんこおす。2016/09/11

はれ   あったかい  かぜつよい。  H 71  L 41  FL 107


7時 おきるのだ  ろうし  なかなか  しっこ  せん。

ろうし  がむばっております。   みなさんおおえんを。


で  ご飯食べたら  ちと  おしごと  で  すずいんで  

くもが   でといます。   びみょうに   すずい。


10時半まえ くらいか  出陣    おさんぽ つりば   こうえん  こおす  いくのだ。

うら  じてんしゃどう  が  早いかと   いくが   けっこう  とほい  のだ 
 
じてんしゃどう   ひたすら  のぼるのだ。   じてんしゃは   こない。 


暑くなってきた   いちまい  ぬいで  せいかい。

やっと  のおもいで  とうちゃく  きれいなこうえん  
 
こおえんの   いっけん  むじん   こやうらに   こども  いっぱい。


冬に ずいぶんまえに  きたっきり  おくに  いけも  あるのだ  でも  遠目  で  にごってるよう。

びいちばれえ   しますが?   もんくさんでわ  あひてに  なりませふ。


と こうえんの  ほぼおわり  ここから  じてんしゃどうも  川  こえてくのだ   ここらから   はじじめる。

いきなり  おもいの  8あるか  くらい  こんなのが  あがってくれるとは  うれしいのだな。 
 
てんまいる  うえのほうとは  ちがうのだ    がいどさんも  まんぞく。


ちっとっつ  じょうりゅう  うえに  よくくる  ただ  あべれえじの  3~5 へ 

風が強く  らいん  はれないが   あきないていどに  きますな。   がいどさんも  まんぞく。

で  いっしゅん ねがかり かと  うごいたんで  おさかな  けっこう  がむばる  ちょうど  ぐりっぷ  くらい。  こんなのが  くれば  ありがたいのだな。  わざわざ  とほくまで  いくこともない  など おもふ。

ぐりっぷさいず   よしよし   とほけんないで   こんなの  つれれば。


ここも  木が  かわぎし  いっぱいにあって  うえ 1っこ と  した  4つくらい なくした。

かわ  に  おりやすいとこ  あって  おいぬさんが  およいだりする (がいどさんでは無い  よそんちの)  まあ  こうえんなので   しかたない。   ずっと   まいて  うえ  までくるが  かわが  ひろくなって くると  あたり  なくなって   きた  ちっさいのが  ちらほら  がいどさんも  あきが  きたよう。

で  いちおう  うえの  橋の とこまで  かいだんに  なってるとこ   おちこみで  つれてた  というの いっぴき  あとは  はんのうなし。

ここのはしまで   かわ  はいれるのだ。  こっからうえは  しゆうち。


おなか  すいたんで  しゅうりょう。   まんぞくさいず  3匹  あがったのだ。  
けっこうあるいたが  てんまいる  したからよか  らくかな。


行き  おもったよか  とほかったんで  ぶるうばあど 経由 にしようと  くだってたら   ちっさい  橋  池からの  ながれだし  こえて  と  さきに  道 つづいてるんで  いってみまほう。  たぶん  あそこ  でるのだな。


と   みほそう どうろに   みおぼえは  ないが  きにせず。   暫く行くと  とれいるへっど   どうろ  つたうよか  はやそうで  いってみる。

せいかい。

いっちゃんたかいとこから  しんごう  みえた。  

ほそい とれいる  ぶらいんど と  とおげ   じてんしゃ  ちゅうい。   

 
そんで  ゆうがた  BRK の てっちゃんち  行くのだ  さつきさんも  ご一緒  とうぜん  老師も。  

と  病院  出口のとこから  高校  とこへ 道 切ってた ずっと 2車線化 なるのだな   事故多発こおなあ  パスできるのだ  良きこと である。

そんで  みなさん  お元気  なにより。 

てんまいるうえ した。2016/09/10

あささみい ここちよい  いちじかぜつよし  H 71  L 32   FL 107


さみいな  おやすみなので  ゆっくりだが  8じまえで  まいな2.7  さみいのだ

さみいと  そらがきれい  なのかね。


ので  ゆっくり おさんぽ  

ろおしも  そらのあおさに  みいっております。


10時半出撃  きのうのとこの  橋の下流を  せめるのだ。   と   ふりすこさうす  休日の すきいじゅうたいじょうたい。   まちは  こみこみになりそうだ。

と  ばちぇらあ  みずうみには  くるま  多し   くぐってくと  さすがに  なんだいか   と   ふぉらいろっど つんだくるま   どっち行ったか  先行者。  あとは  自転車。  

で 45分 まわったとこで  かいし   はしんとこ  から   いきなり  うえに  のんないね  てか  ふらい くわえても  おらぬ。   すぐに したに  4くらい。

とりあえず   いっぴき   おおきさわからぬよう  ひかくぶつ  なしで。


そんで  ひろいながら  さいしょのたあん  よどんだとこで  ばちゃばちゃ うえにくるのだが  のっかんねえ。  で  こおなあ  まがってくと  だんさ。

うえ 1 した  4  くらい  いがいと  うえに  あたっく  あるのだが  めった  のんねえ。

あっ   たてにすんの   わすれた、   やっぱ   ひかくぶつなしで。


と  12時まわったあたりから  うえのほう  さっぱり  したばっかに。

かりゅうへ むかって、    みきれの  あたりで  ひきかえす。


ながれが  わかれたり  ざらっとした 瀬になるんで  狙いづらく。

1時くらいに  引き返す   200m ちょっと かね  去年は  さらに  したまで  いったのだ。   そこらは  もっと  狭かったのだが   もちょっと  くだってからやるのも  ありだな。   

やっぱ   りっぱな  とれいる  を   ひきかえす。


で  こおなあ  の  とろばで  ちと  あそんでく   と   いきは  うえ ばっかに  きたのだが  こんどは  したに  さくさく   あっというまに  5匹ばっか  みんな4ないくらい  
 
ここんとこで   さくさくと   つったのだな。


と   つりびとらしきやから  くる   「どう?」  ていうんで  「いま  ここで  5匹 連続  でも こんくらい  だけどね」  と  「ほお」  と いうことだった。

まだ  1時はん  ちょっとまえなので  もそっと  あそんでく  きのう さいごにやったとこで  きょうは  2匹ほど  ちょいしたで  も1匹いって  終了。


車もどると  さっきの  にいちゃんら  準備中。  

もんくさんが  あらしたとこを   これから  はいる。


1時45分 終了。   帰る  が  WB  りみっとでてねえ  こんでる。   

風がつよく  のおす すぎたら  まえの とれえらあ  ふらついてる   車間開けて  ちゃっと  70 おりる。


かえったら  はんばあがあ  など  あった  いただく。


きゅうけいご   こんどは  おさんぽ ふぃっしんぐ  いくのだ  がいどさん  も  やるき  むりむり。   

きのうとおんなじとこで  うんち   こんど  ここで うんちしたら  うんちこおなあと  なずけよう。

ほんじつも  信号わたって  みずうみがわ。

みぎがわの  ほそいほう。  がいどZEN   が  そお  いうのだ。


5人 ばっか  やってた  やっぱ  ながれこみ  どっちかというと  みずうみで  やってるのだ。

きゅうじつ  ふぃっしんぐ  だな。  でも  つれてるの   みてねえ。


きょうは  めいんがわ  ほそいほうで  つるのだ   木が  はいってるので  ちゅうい。

と いきなり  うえに  これは  のがすが  つぎのは  のっける。

うえ  2  した  3くらい  釣って  しゅうてん  ちかく  ここで  かけた  おさかな  てんぷらして  なおかつ  そのまま  はりはずいて  おかのほうへ  飛んでってしまったのだ   さがしても  みつからぬ    たぶん  そのまま  どらいふぃっしゅと  なってしまうだろう   あやめて しまったのだな。  がいどさんも  みつけられんようだ。


まだ  じかんあるんで   ふといほう   へ  かわわたる   浅いし  ながれも  ないので らく。 

がいどさんが   おさかな  さがしに  いくのだ。     やめてほしい…。


が  あんま こないね   うえの  はんのう  なくなった   2ひきばっか  あげて  ほんじつ  終了。

もう  あきたのだな。   がいどさんが   ろうしに   へんしん。

てんまいるうえ、うえ。2016/09/09

はれ  はだざむい あったかい    H 66   L 41   FL 107


きょうも  おみおくり  いくのだ。  みなれない おばあちゃん  ふえた。

そのまま  おさんぽ。   うらにわに  をわいとまっしゅるうむ  くえんのかね  おいぬさま の しっこでも  かかってそうだな。

いけで  おさかなの  あたま  でる  らいず  2かいほど  と  びいばあさん  いた  ゆうぐのとこの  おっきい石のとこ  いったが  こっそりみても  すがたない  もしかしたら  この石は  かむふらあじゅ で  なかは  びいばあねすとのなってるのかも  しれん  びいばあの歯は  石をも うがつようになったのだ。            きっと。

さあ  びいばあお    さがせ。


ちょっと早く  9時半 出撃   ばちぇらあ  なんたら  行くのだ。   てんまいるの うえのほう   こうそくおりたら  200m  すぐつりば。  10分 で 行けるのだ。

昨年  下の方  自転車道から  行ったのだ   学習したぞ  I70側から行くと  楽なのだ  そのうえ   橋  とこから  はじめられる.

さて   こっから  じょうりゅう  かっぱあ  のほうえ  つりあがるのだ。


準備してたら  すくうるばす  きた  丁度橋のとこに  とめたので  すこしまいて  川降りる    さっそく  ドライに  来るのだが  ちっちぇえ  やつ  のらん。 

と  すぐに  いっぴきめ   ちっさ  である。

ぱあまあく   くっきり    やまめでは   ないぞ。


こっからは  らくさのある  川 なんで  ほんりゅうながすと  まったく みえんようになるので  ゆるいとこと  ぷうる  拾いながら   まあ  つれるのだな   

しぜん   ぽい  が  ひだり  じてんしゃどう。  ずっとみぎ  I-70


なかには 7から9 くらいのやつも くるが  だいたい5以下  で  うまいとこ  いかんで  うちなおしなど  してると  おさかな  ついていることもある  ぺんぺん釣り のようだ。  
 
やっぱ   こんな   さいず   ぼろぼろ  つれるが   ちっさいな。


 が   けっこう  ねらったとこから  だすことにも  成功  たぶん  20匹は  つった  てか   つれてたのが 1/4 くらいあったな   7から9  てのが  だいたい 4匹位か  
 
かえりは   りっぱな   とれいるで   らく  できるのだ。


かえりがけ  おっきい  ぷうるで  4匹ほどだして  終了  

ここんとこで  たてつづけ。   けばりつりは  すきいほど  むずくない。


けっきょく 200m ほどしか  さかのぼって  ないと  おもふ。  やく 3時間。  

行くのもらくなら  帰りも  らくであるが  たのまれてたので  郵便 回収   小包 2個あったので  もらってくが  あっというまに  列できた   1分おくれたら  大変なことに なったのだな。

帰って  昼食  きのう  買った  とるてえや  べんりだね  これ。  ちゃっと  作って  ちゃっと  食って  おなか落ち着いたら   おさんぽ ふぃっしんぐ  いくのだ。   こんかいは   がいどZEN  もいっしょに。

3時半  出撃    釣りする前に  うんちした  ばすていに  捨ててくのだが  下校時間 なのだな  ひとかきわけて 捨てる  で  しんごうまつのだ  すと  ちゅうがっこうから  ばす  見えるだけで 15だいくらい  いったいなんだい  あんだろうね。

ひたすら   すくうるばす。  しんごうかわったら   さらに  わらわら。


と   信号わたるんで   ながれこみ  いくのだ   つりびと  2人 ほど  みずうみのほうで  やってる   流れ  あるとこから  はじめるのだ。

と    どらいに  くるが  ちっさい  とうぜん  のらない   が   したのほうは  くるのだ   がいどさん  こうふん。 

がいどZEN  が  おさかなの  けはいを   かんじておるぞ。


どらいにも  のるように   いがいと  10匹  くらいつれた   がいどさんも  まんぞくしてくれたでしょう。  

たんと  つったので  ごほおびに   がいどさんが  にじ  だしたのだ。


いきがけに  うんちしたんで  そのまま  かえる。


しゃわあ  のあとの  あらすかんは  うまい。

あすは   もそっと   おっきいの  つろう。


さんのいち、いちのご。2016/09/08

はれ  あささむい ひるここちよい ひやけちゅうい  H 70  L40    FL 107


じさ  であるな  10時  ねて  1時おきた   あとずっと おきてた。

で  さむいのだな いきなりの まいな攻撃。

みずらいが  きおん  の  よこ~~~のほうに  -


おさかなつりである  が  まえに  皐月さん  おくって  おさんぽ。

だんでらいおん  に  しもが。    


いけ  静かだが  いっかい  完全頭だした  らいず  見た。

くもひとつない   れいによって  みずかがみ。


暖かくなってからのほうが  虫でてくるんで  良いと いうんで  10時 出陣  
なんで  しぐなるこんとろおる   しとるか?

SH  も  くもひとつない   あきのそらは  あおい。


がいどZEN   に  あんないされて  自転車橋へ   

あんだあああもおお  の  おとなりに  すたば   その  おとなりに  てすら じゅうでんすたちおん  できてた。   きのうも  てすら  見かけたが  もんくさんは  買えん。

と  P  に  車 1台  おべんじょ  使ってるようだ。  で  準備してるうちに  入れ替わりで  入ってきた  おべんじょ  こうじ  に  きたようだ   さらに  快適に なるかな  じてんしゃばし   でも 釣り人  あまりこない。


べんちした  ちょっと流して  いっきに  ぼおどをおく  の  上まで。  

あきですな   あすぺん  黄色くなってる  でも  水量  少ない。

こおよう   なのだ   すいりょう   すくなめ。


はじめて  すぐ  どらいに(ちなみに ありさん) あたっく  ちっちゃくて  すこし  脇  とこ  とおぜん  のらない。   

さかのぼりながら  むし  でてきません   はえが  いるくらい。   はんのうは  どらいに  にどほど。

ここらで  つれたんだが  しゃしん  とれてない  600 たまにある。


ふらい かえてると  がいどさん  どっか 行っちゃいます。   じてんしゃどう  出られると  めんどいので  呼ぶと  はなれたとこで  草くいに  くる。

いつもんことだが  ながしたいとこ  わたってくのだな  ないすがいど。


と  ここで  にんふに  きたのだ   ちっさ。   いいあたりでなかったが  ま  いっぴき   がいどさん  いっきに  もりあがります。   さきほどと  うってかわり  しゅうちゅうして   ふらい おっかける。

こうなると  また  あたり  なくなる。


しゃしん  とれてない  もっといっぱいとたはずだが。  さいずで600 もってきたが  失敗だったか。


らいんとらぶるが  あったりして  がいどさんも  きれてきたので   電線した 立ち込んで   見るが   がいどさん  ちっとくだったとこで  丘あがりに  いいとこ  横切って  行ってしまった   また  らいんとらぶるなったんで  めんどくなって  しゅうりょう  まあ  もんくが  ぼおず  まぬがれただけ   よしとすっるだ。

しっかし  むし でてこない  まともな  あたりもない  こんかい  きついかな。


かえったら  2時  まわってた  3じかん  くらいは  やってたのだな。

おひる食ったら  かいもの  あいす他SW まで  

しかけ  こうかん  でも  4号に 0.8号  むすぶの  たいへんなのだな  時間かかった  結局 4時50分  まわったとこで  おさんぽつりば。

うぇえだあで  じてんしゃどう  歩いてると  変な目で  みられるのだ  気にはせんが  いっぱんのひとには  てんからざお  など  めにはいらんだろうし  かわあさりの  おっさん にしか  みえんのだろう  こんど  ごおるどぱんでも  もってこうか。

あおいそら   あおいみず  しろいよっと。  


5時 まわったとこで  開始  やっぱ  水量 低い、 水 きれい。

さみっとぶるうばあど   ほどうから。  すんげえ  しぜん      ぽい。


そんで  はじめたら  どらいに  でるが  ちっさ  のらず。  が  すぐ  きました。   おさかなはおるのだ  ついで  ねんがんの  どらいで  いっぴき  4から5   こんどは  いかい   10おち  くらいの  あんま ふとってない  らくに  あげたが  まんぞくさいず   おさんぽで  こんくらいのがつれれば。

いがいと  おっきかった。   ろうし  つれてきたほうが  よかったかな。


後  2匹 追加  

そのうちの   いっぴき    どらいに  きたのだ。


5時になるので  ろうしの  うんちに  おつきあいせねば   帰ろう。   


一時間  かな  つごう 5匹   こんどは  さいずあっぷ  願おう。

こうえんで そっこう  うんち  した   おさかなつり いったんで   かるくでいいでしょ   こうえん 1/3周  

すなかな  とっ   どっかで  やまかじ  だそうだ。  たしゅうで。


かえって  しゃわあ びいる  きょうは  あんばあ  からだ。



やまに ゆきが ない。2016/09/07

くもり あめ くもり はれ   むしあちい  あちい  ややあちい  すずい

こんかいは  こんな  るうとで  とんだのだ。

例年なら  帰って くるころだが  なぜか  出発。

なぜなら  NRT→DIA  席が ないのだ   7月下旬早めから 見たのだが  あらかた えこのみい つうろがわ 席が  ないのだ。  いろいろ  考え 8月に  出した答えが  こうなった。  6月も  席ないんで  どうせなら  DC 経由だ  ということにしたが  787  のろんぐぼでえか  777 とばしてくれんかな  787 えこのみいの  席数  かわんねえか  ただ くれぐれも 747 やめてくれ。 

びみょうな おてんき  もそっと ひだり もっとあおい  みぎ くろくなる。


昨日の 天気予報では  雨 それも  それなり だったが  早朝雨の 音で 目が覚めたが  起きたら  やんでた  北の方は  くも  切れてる。

が、  むしあちいのだ  あったら  8時 出撃 バス亭 10分着  立ってるだけで  汗  だらだら  むしろ 歩いてるほうが  よかった。  うえ  ばす 少し遅れて  さらに  だらだら。
Tしゃつ  化繊 だが  高速乗るまで  かわかんかった   

ばす  1/3 くらいか  いちおう  ういておろお。   で   こんかいも  お見送りなし  ごんどらのない  かんらんしゃ  発見。

ふうしゃ? かとおもいきや  ごんどらのない かんらんしゃ  なんかへん。


ずっと  10k 渋滞となってたが  とくに 滞る  ことなく  到着  ただ  とうきょうは  おっかないとこなんで。

こっから  とうきょお。  さいんしたに  はつえんとお。  きおつけるのだ。


用賀 も  くもり  濡れることなく  ちんたません  ぶなんに  乗り換え  12時 上野  着  京成  ちとまつ  急行くるまえに  3本 入ってきた。

こんかいも    かしきり。  しまった  かさが…。


まあ 公共交通機関  なにも  すること  ないのだ  寝ようと  したが  ねられん。   各駅になる  てまえから  雨ふりだす。

で   あくしでんと  である   だい2たあみなる ついて  発車せんなと思ったら  地震のため  停止中と。   まあ  ここまで 来てりゃ  シャトルバス  使えば よいのだ  そっちが とまることは なかろうと    10分  待ったとこで  震度4  20km で  1  まで 行きますと  いうことになった。  信号は きいろとあか。

しんごう  とれてなかった。  げんざい じょこうちゅう。


まあ  時間は  十分なのだ  ちぇっくいん  も   さくっと  でも  じっぷこおどが ゆうびんばんごうなんだね   しらんかったわ  撃ちこむにPBOX  はいんねえんだ  これ以外は  とどこおりなく  終える。  荷物預けるに  危険物とか こわれもの ありませんか  ということなので  かせっとこんろ  ありますが  ぼんべは  ぎょにくそおせえじ  はいってますから  ばくはつは しませんと  こたえたが  どうも  日本人で  ないようだ   冗談が  つうようしない  そこに  こわれものは  にぼしくらいかな   と  つづける  はずだったが...。


お食事  いつもんとこで  いつもの やきそば  なんか  ものすご  あぶらぎっしゅ。   からし  つぼ 半分以上使って  たいこうするのだ。 

地震のこと  聞いたら  うえいとれすさんは   ずいぶんゆれて  びっくりしました。  と  れじでは   たいしたことない  おきゃくさんも  気づいてない人 いましたということだったが   どうだったんだろうね   どっちも  震度4 といったら  おどろいてたが。

そんで  らんちようの  ぱん  ろおそん  れじ  2つに しやがった  ただでさえ せまいなか  並んで  もの見るの  も  こまるのに  かんぜんに  さあびすの ていかであるな   こまったものである。

展望デッキ  雨は  かるく。  ひと いっぱい。


さくっと  せきゅりてぃ  すいてる  が   にもつ  ひっかかったのだ  たのまれもの  に  缶が  あったのだ  それだして  もいっかい  こんどは  おおけい。

いみぐれ  ぶうすあいてないので  そこそこならんでるが  すくないほうだろな。

まずは  両替  地下105 で せきゅりてぃ横 104 ここ 103  正確には103.64  さんだんぎゃくすらいど  なのだ。  

うちわの  えつけ  いべんと   やってるのだ。   


あと 雑誌  こうにゅう   福神漬  さがしたが  無いのだな。  一周半  した   地下通路  こんなに  人が  いたのは  はじめて  あんま  涼しくない。   きっと  おぼおさんが  はげしい  しゅぎょうしてたんだろう。
とっくにの  おぼおさん いっぱい。  ちかどおは  しゅぎょうばしょ。


いっつも  くうこう  あちいのだ  じっとしてると  汗 かく  水 かったとこで  きいたら  いちおう  店内 空調 最強にしてる  と言って  みせてくれたが   しかたないのだな   環境の  ためでなく  きゃぱ  が  もともと  ないのだ  さすが  千葉  である  なつかしの  ざうす   と  いっしょ  なのだ。

787 よろしく。  でも  なんか つらがまえ すきくない。  


ぼおでんぐまで  30分きったとこで  げえと  こんかい37  27 でなかったね。  でも  となりは  つかってない。  荷物 整理して  15分 切ったとこで  すとれっち  しながら  ならぶ  ぷれみあ  落ちた人は  5ばんなのだ  ここんちは  3から5がいっしょ  はじのほうで  すとれっちならび。   

ちっと おくれて  ぼおでんぐ かいし。  5番は  長く  まつのだ。  5の先頭  なので  ちゃっと  のりこんで  にもつ  ほおりこむ   いっこも  入ってなかった   でも  こんかい  ほぼ  まんせきなのだ。

おんたいむ  5時 ちょうど  えあくらふと  うごきだす   

よていでは   こんなるうと。

おしょくじ   さらに  落ちましたな  3段階 くらい   おしょくじ はじまったとこで  えんたあていめんと  おかしくなっる  BGM というか  背景音 は 聞こえるのだが  話して言葉が  きゅるきゅる  いってなんも  わからん   えいごやにしご  に変えても  だめ  ばんぐみ変えても だめ。   CA に  りせっと してくれと 言ったのだが  おおけい  と  さってったが  映画は つづく  でも  聞こえるように  なったのだな  ただ   背景音の ほうが  音でかくて  音量が  あがったりさがったり   ずっと  悩ませることになった。

そんで  今回は  日本列島 の上を  とんでるのだ  さすがに  これは  初めて  である  そっから  あらすか  かすめて  ばんくうばあ  きたから  上陸  する るうと。

珍しく 2じかんほど  ねた。  
 
にほん じゅうだん。  あらすか かすめてっと。  かくかく とぶ  787


けいしょく  やきそば  ごむやきそば  インスタントラーメンの やきそば  のようだ  まあ  安全確実に  はこんで  くれれば  もんくは  無いがなあ。

今回は  いっかいも  機長  も  しいとべると しめて  せきもどれ  ほうそうが  無かった  さすがに  初めて  では  ないか   すごいことである   台風も  きてるのに   ばんくうばあ  てまと  ころらどはいったあたりで  ちと ゆれただけであった。

さいしゅうてきに    こんな  るうと。   やっ  にほん  よるだ。


12時15分  たっちだうん  たくしいも  さほど長くない。  いみぐれへ  今回は  たいこの  お出迎え  なかった。

ぱすぽおと  こうしんしたので  えすた  の  出したら  やっぱ  ☓  ついてた.  そんで  どんくらい いるか  と  おまえんち?ともだちんとこ?  ときかれただけで  通過  でも  さほど  並んでないのに  けっこう  待ったのだ。

にもつ  ちょっと待った  で  そおいや  えすたの  かあど 渡されただけで  かすたむの 申請書  もらって ないな  と  すすむと  にもつちぇっく  へ。  Xレイ とうしただけで  通過   荷物開けられたら  らんちの  肉入りころっけぱん と  はむまよちいずぱん  取り上げられて  しまったのだ。   かんしゃ。

なんだかんだ  時間かかった  CME 一時間 切ってる  ちぇっくいん  して  10分前に  戻ってこい と いつもの ぱたあん。

また  駅の方 いくのだ   

DIA  そとは  あやしげな  ひと  はいらんよう  とげとげ  あるのだ。


うぇすてん  東は お店  空いてるが  西は まだ  工事中なのだな  全開から  3ヵ月もたってるに   たちそば  はいんねえかな  と  おもふ。 

ないそうこうじちゅう  そおだの やまは  さぎょういんようう? みせよう?


ここまでは   うえすてん  のなわばり。   ということかな。


そんで  くうこうの  いちばんはじで   ちゅうしょく  にくいりころっけえっぐぱん  みずとともに  いだたく  はむまよちいず は  しっぱい じかいは かれえぱんにしよ。

かすたむで  みつかったら  ぼっしゅうかな。 おもいっくそ  うしにく。


15分前に なったので  しっこして  戻る   55分 くらいに  点呼 かかる  今回は 4人ということ  やっぱ  とらんぽぐみと  すとりいとぐみ  別れるようだ  たぶん  1台で いけるのだが。  4人掛け  一人  寝ても 行ける  出発直前 も一人 乗ってきた  

こうれい    ぷれいいりいどっく  お  さがせ。


とちゅう  工事あったりして  ゆっくりになるとこ  あるんで  2時間 と言ってたが
25のとこ  いつもの じゅうたい  でも  それなりに  流れてる。  WW のさきで  とまって すぐうごく 渋滞 これは  車線規制のせい  あとは  順調 

ななにんしまい   なんと   ゆき  どっこもない   べいすんのほおも。


らんなうえいに  とらっく。   れっかあが  おっこってくるの  まってる。


1時間半で ふりすこ  到着。   あうとれっと とこ  つりびと いた  れんじゃあ みてえのが  みはってた   すいりょうは  つうじょう  かな。  だむは まんすいじょうたい。

水 いっぱい のんでるんで  ついたら  しっこ  でてきたら  ままさん  いた  おむかえ  きてたのだ   鍵盤どっか で 買ってきて 其の帰り  見かけた ということだ。    楽できた。

そっこう  きるもんだして  しゃわあ。  
 
しゃわあ  から  でたら   ろおしが  おさんぽの   おさそいに。


そんで  もってきたもん  だしたら  おさんぽ。


ちょうど  皐月さん  帰って きたので  いっしょ  に行くことになった。

かめら もってかんかったが  ろうしが   くさの うえに  うんち のっけたのだ  これは  ものすごすくうぷだったが   もったいないことした。

なにはなくとも   びああ   まずは  あらすかん  たんのう  するのだ


と  びいるかって    まいふぇいばりっと  あらすかんだが  はりばっとではない。  ころらどの  夕景 みながら   しいずなる   いただくのだ。   しふくのじかんだが   一般の人は  初日の  あるこおるは  やめましょう。  

ころらど   の   ゆうやけ。   げんぶつは  もっと  きれいなんだな。

へんりいずほおく でた だした つれず!2016/06/16

そうちょう 雨  くもり  くものおおいはれ。

すていとぱあく  あんないばん。   やねないのだ、   あめ  ぬれながら  みる。


きょも  へんりいずほおく  らんち  いくのだ  でも   電気 がつかえん  こおひいは  お湯沸かして  手入れ   ごはんがたけんのだよ。

なので  しゅっぱつ  きょうも  さむい  6~7°  で  ごはんは  ああやって  こうやって  なんとかたいて   朝食。

で  けっきょく  11時 まわって  釣り場 P  さすがに  きのうよか  くるま  すくない。   みなさん  だべって  出撃  せんね   らいず  なさそう。  

とりあえず  みはらしだい で  かんさつ  ちっちゃいの  らいず  発見  とほいとこで  ちとでかい(ここらではちいさい) のもはっけん 
 
みはらしだい   ここらにおる  おさかな  あんない。


じゅんびして  12時ちょい前  ちいさいかわ 超えて   つりば  らいず さがしながら   きのうのとこまで  先行者が いたので  もそっと  さき  
 
みずくさで   いっぱい。   うえあく   すべらない、  すいしん かせげる。


すると  はんたいのほうで  ちっさいのの らいず   いくつかでたので   入川   真ん中よか  さきなのだ   むかってくと   でなくなった   きのうの  かえりぎわ  の再来  かと   浅めなとこ  で   みてたら   でてきました   それも  わさわさ   さてと  ちかづいて   きゃすと  
 
とりやま   たってるのだ   きっと  あのしたにわ   かつお  いっぱいおるのだ。


でるのだよ   もんくさんの  ながす  ふらいに   でも   のんない  とにかく  のんない    くってんのか    だが    のっからん  

してうるうち  じみさん  きたのだ   したら   らいず  みて  あっさり  つった  でかくは  ないが   もんくさんも   がむばるのだが   だしても   のっからんのだ   ひたすら   からぶり   7かいかな  8かい か  だした。

したら  らいず  ぴたっと   やんだ    つりだして  一時間 といったとこ。

しばらく  まったが   らいず  ないのだ   さむいんで  いったん  岸へ   寝っ転がって   観察   
ちとして   えんぽうで   いさんで  川  はいるのだが   もうでないのだ   まんなかで  しばし  まつ  と   また   そこむかうが  もう  でてこん   いちおう  でたあたり   ながすが  はんのうなし   

なんかいか  くりかえす。    

で  さむくなって  岸へ   よこんなってたら  ちと  寝て しまう   くさむらのなかは   かぜ あたらんで   ねむくなる。


じみさん  あがって  きた   もう  帰りましょうということになった。

きょう  わいおみんぐにむけて  いけるとこまで いこうと。


老師  しっこさせて   出発。

どうろは   ひたすら  まっすぐ   のびるのだ。


あっしゅとん  ぬけて  

さんばしみっての  あるとこから  ぼおとだすのだ。  はしんとこ  ちとくだったとこ。


ひたすら  20 南下  せんと なんとかの 下で  34 かなと 思ったら  するう、  そんで  このまえ  はいれんかった  あっぷるじゃっく  いくのだ  れくすばあぐ  で  20 おりる。 

老師の  めんどうみてから   お食事   でも  あめりかは  田舎に来ると  太った奴が増える  のほうそく  ここんち  せいかい。

となりの  あきちに。    はじっこ のすとおぱ  みてえの  ほるもん  らしい。


しょくじごは  20 はいらず  州道   どうも   さらに  細く  ちゅうおうせんも  なくなるのだ   ここらは  おひゃくしょうさん  しかおらぬようだ。  

いつのまに   せんたあらいん  ないのだ。   じょんでああ。  のべやまか?


そっから   主要道路  でるのだが   あいだほ =  いも    なのだ  

ひたすら   みわたすかぎり   いもばたけ。  


ひたすらの   芋畑   じゃがいも   じゃがいも   あっぷるじゃっくでも   つけあわせは  べえくどぽてと  か  まっしゅぽてとか  ふれんちふらい    なのだ。   
いもばたけの   きりどおし。


そっから   いつのまに  か  州境  こえたか  峠  下って  川  見えてきたら  
かっとすろおと    わさわさ    おるそうだ。   


いもばたけ   なくなってる。

いもばたけ   では  ないな。    


ここで  Tちゃんから  おでんわ   ここらは  かっとすろおとさん  が  わさわさ  おるそうだ  かっとすろおとは   ばかだ  ということだ   でも  もんくさんは  釣った  記憶ないな   もんくさんは   かっとすろおとさんよか   あたま  わるいのだな。  

と   街に  はいる  あいすくりいむたうん。  もちろん うそ。

びれっじ  あいすくりいむ。   ほんとにあっても   びっくりせんがな。


で  ちょっと  行って   ほんじつの  やえいち  

かんりにん   おっきい  きゃんぱあ。   いつき  やとわれにん  かな。


きれいな  とこである。

ろぐはうす こてえじ  あり   ふたつどあ   しゃわあるうむ。

うけつけして  さとるくん  せっとしたら  おさんぽ   川  すぐなのだ。

かわ   でふ。    にほひでわかれま。


ろおかる  るうる  など  あるのだ。  かっとsづろおとは  もんくさんよか  あたまいい   など   かいてある。

しっかり   よんで くらはえ。    すぺちある るうる  よくみほけはあ。


ぼおとらんぷあった   つりびとも  おる    が   らいせんす  ないのだな。

がいどの   ち   が  さわくまふ。    つれてないよふでふ。  ぞうすい でふ。


たまに  こんな   きゃんぷじょう  の  料金入れ  あったような  でも  これは  ちがうかな。

ちきゅうの   うらがわと  はなしするでなく。  らいんや  ふっく  ここすてるのだ。


さてさて   ここんちは   しゃわあるうむが   広くて  きれいなのだ  ただ  らんぷが  せんさあ  なんで   もんくさんつかってる とちゅうで   あかり  きれた。 Jさんも  ここんちの しゃわあ  つかうようだ。  おっきな  きゃんぱあ  多い   建物は  みんな  ろぐはうす   めきしこからかね   西語  はなしてる  ぐるうぷ  こてえじ  とまってるようだ。
 
りっぱな きゃんぱあ  いっぱい。   はあれえ  つき   ひこおきつきも  あるか?


晩飯も  くってるし   びいる  ついかして   ねるのだな。   
 
ゆうけい   ちいさいが   まんげつ  ちかいか?  まんげつ くま  でる。  か?


くま   でるのかな。   ほすとさんに   きいてなかったな。

へんりいずほおく らんち かいきんび。2016/06/15

あめ  やま ゆき  くもり  はれ

あめです  さとるくん  ちとうるさい、   ちょうしょくは  ちかくの  食堂に  食べに  いきます。

なんでも   ゆうねいなとこだそうだ。   だむてまえ   RVぱあく  いっぱい。


きゃんぷだいやあ ろっじ  やっぺてか  ふらいしょっぷも  RVぱあくもやってるのだ  
まどからの  ふうけいも なかなか。  すいてるようだが  はんたいは  だんたい。


ゆうめいだそうだ。   混んでる。 

ちょおしょく   あめりかくると  この  そおせえじを  くいたくなるのだ。
  

で  ああすくえいくれいくのとこ  やましろくなってた。  
 
やま  うまくとれなかった。   ので   ああすくえいくれいく  おわりふきん。


戻ったら  おさんぽして  撤収  雨 小降りに。

精算して  出発  

くったら おべんじょ。  たんと かみつかっても  むうすくんが  ほおるどしてるのだ。


さむいのだ  朝で 3°  

さて  しゅうきょう。   やはり  いろけねえ  さいん。


へんりいすほおくれいく  てまえのやまも  白く  やっぱ  雪 ふったのだな。

こんどわ   ちゃんと   とれた   ゆき    ふった   ちくと  さむい。


で  ちょっと  がすすたちおん よって  さいしゅっぱつ  そんで  今日は ふつうの きゃんぷじょう  つかいたいと  てきとおなとこ  曲がって  ばあたあみるくきゃんぷじょう   ここは  あすぺんでは ないが   なしょなるほれすと  かんり  一泊 $15 
  
きゃんぷじょう   あんない。   ちゃんと  よめ。  ふぉれすとさあびす  けいえい。


で  さとるくん  おいて  らんちへ   

まずは   ふらいしょっぷに  あいさつ 
  
くるま  おおいのだな。   ふらいしょっぷ   しょくどう  と  やど  へいせつ。


みんな おぼえてるもんだね  とうぜん  もんくさん ではないが。   

あいそいいから  Tしゃつかってきましょう   化繊ほしいが  さいずない。

P車  おおい  他州  からも  いっぱい  
 
P  すぽっと あふれて   はじっこにも   とめてるのだ。


つりばの  P へ  何回か来たが  ありえんくらいの  車  さすがかいきんびであるが   様子が  違うのだな   ここんちは  すていとぱあく  なので  老師は  がいどZEN  に  なれないのだ  お犬さん  侵入禁止  なので  窓  全開にして  と  まあ  さみい  くらいなので  大丈夫だろう。 

さて  うぇえだあ きて  じゃけっとと  中に  一枚きてくのだ。   

かわにいくと かわはいってるの  ほんの ひとにぎりなのだ   みんな   かわぎし  

かわ   たちこんでる  ひと  よか   おかに  おるひとのほうが   おおい。


ここんちは  みて つるそうだ   らいずはじまるまで  みなさん  かわぎしで  にらめっこ   むこうぎしは  歩いていかねば  ならぬ が  けっこう おります。

しかし  年齢層  たかいのだな   もんくさんら  たぶん  いっとう わかそうだ。  子供  のぞいて。

ここでも  しゃこうかい  はじまるのだな。

じもと  の  めいし  Jさん の   しりあい。  L2ばんめ  のひとは  ゆうめい。


そんで てきとおなとこで  かわと  にらめっこに  なるのだ   

しかし  なにもない  3時間ほど  ただ  ごろごろ  よか  さむいね  草むらに ねころんでると  かぜよけになって  たしょういい   あまりに  ないので   ちと  ねてしもうた。

だらけてるわけでないのだ。  らいず  みはるのだ。  


でけっこうな  時間に なった   少し  らいずがあったと   川  はいる   そんな  深くないのだ   ながれも  きつくなく  かわぞこも  歩きやすい  年寄り  多いわけだな  と  でも   あたりないのだ   なんとなく  らいず  あったとこ  も  はんのう  ない。  

すいしん  ひざうえ  くらい   くさ のうえ  あるくと  いい。 

5時半  まわったんで  帰りましょう  ということになった   てんとの じゅんびは  進む。

しゅうまつ  ここらの  かんきょうまもれ ふぁうんでえしょん の そうかい あるのだ。


こやって  みてると  近いとこも  きゃんぷじょう  あったのだな。


さとるくん  もどると  ほどなく  きゃんぷじょうほすと  きた  くまが  おるそうだ  それも  ぐりずりいくん。 
  
くまよけで からびなで ろっく するのだ。 すもおきいくんは  みはりにこないのかな。


くいもんは  外 おくなとか   注意事項  いわれた  くまは   たっくさん  おるそうだ。   なので  あかるいうちに  おさんぽ  
 
みずうみ   なのだ   おっきいくるうざあ  くるのだ。  はんたい  べっそうだらけ。


でも  もう  いいじかんなのだな。   その  いいじかんに  うらの  みずうみ  で  くるうざあ  走っとる  うるせえな  と  あらたな  きゃんぱあも  やってきた。
おべんじょ ぽっとん  くさくない。 みず でる。  くまよけの  かぎは  ない。


さて  さとるくんの  しゃわあ  せまいのだな  きょうは  なしで  寝よう。


せいちまじそん もんくに やさしい。2016/06/14

くもり  はれ  きもち  あめ  風つよし

さて  なんかな  老師が  うるさいのだ  あさ4時から  地震をおこしとる  ちとまえに   昨夜  しかけた  にぼし に気づいて  食ったようだ  まだ  ねえかと  さがしとるの0か  うるさいんで  しっこだしたが  6時にまた  なんだろうか

で  7時半 起床

いなか   です。  らすてっく   って  やつですか。  ろうしは  きょうみ なし。


まあ  釣り場は  ちかい  ゆっくりで  いいのだ。  10時か  わすれた  出陣   
昨夜  いい  いんじけえたあ  つけて もらったのだ    にんふ つけて  昨日釣れたあたりから  すたあと。

ますは  いっぱいいるが   どじょうは  いないのだ。  まったく あたりない  が  いんじけえたあ とらぶる  ないのだ。   早くぱてんと  とって  こっちで  うりだすべきだろうな。

きのうは   そこの   きの  とこで  つったのだ。


徐々に  じょうりゅう   橋こえて  ぼおとらんぷ  のうえに  らいずあり  めんどいので  そのまま。

ほんりゅう  はせめずに  岸近く あんまたちこみもせずと   すっと  きたのだ  たぶんれいんぼう  ちと  はねたりする  でも  ばらしたのだ  15くらい あったろうな。   すぐに  もいっぱつ  こやつは  姿 みるまえに  ばれた。

と  対岸に  こまあしゃる ですな  ぼおと 着岸   立ち込み はじめた  が  ここんとこ  ふろおと  くるたあ  びっくり  

で   ちくと  おっきい  ぷうる  へ   ほんとに  ま向かえ  に  と  いきなりきたのだ  でも  ちっちぇえ  で  あたり  ありますな  なんどかで  のせたが さらに ちっちゃく   不安になったので  しゃしんとっとこ。

これでも   ちっちゃく   おもふのふだ。   せいち まじっく  だな。


で  あたりあるのだ  そのうえ  らいず  ばんばん  でも  なかなか 乗らないのだ   やっとのったのが  けっこう  おっきかったが   ばれた  ざんねん、  で  こんどは  なぜか  いんじけえたあ に  あたっく  なんで  で  らいんとこにも  あたっく  と  わらわら じゃんぷ  はじまる  

がいどさん  が  がいどさん  お  がいどしておるのだ。


と  いんじけえたあ  こわれたのだな   で  まあ  もうええか。  で終了。

つりば  ちゅうしゃじょう。   とまってるくるま  3かは おる  あと  4か。  か。


このまま  W.いえろおすとおん  行くのだ。  
 
じしんが  あって  なんねんたつか。   まだ  き は くされてないのだ。


ああすくえいくれいく  こえて  だむ  こえて   でも  このだむ  これで  こんだけの 水量かかえてるのだ。
   
こんな   ちっさい   えんていで。


じつに  こうりつが  いいんだな。 

こんな   おきっきな  りざあばあ  つくってるのだ。  さき  みえん。


なじみのある  廃屋  でてきた  いくつも  RVぱあくあるのだが   みんな  けっこう  はいってるのだな   こみこみ  である。

はいおくも   なかなか  くされんのだ。


ふぉれすとさあびす こえれば  W.いえろおすとおん  なのだ  でも  ここんちの  すもおきいくんは  おかしな  目  してなかったかな   ふつうの 目。

もっと  にやけてた  のだが。   すもおきいべあ  けっこう  ぱたあんある。


で  まず  まち  はいったとこにある  ふらいしょっぷ。   ここでは  てんから  売ってた。  で  ぴゅうま  が  いるので  ちゅうい  なのだ。

なんか かわんと おそってくる。 ろうしが みまもってるので もんくさん だいじょおぶ。

そっから  おひさしぶり  つああ  まず  RVぱあく  

たしか  ここに   さとるくん  ちんざ しておったのだ。


なつかしである。  もおてるとかは  のおばかんしい  の 嵐   空いてて  びっくり  であった。
   
ろうし も  かんがい に ふける。    あのこお  ぼくお  わかかた  だな。


ふろんと いくと  世話になった  管理人の  名前忘れた、  ちと先の  とこに いると  行ってみる  しかし  風が  強い。   で  いた  旧交を  あたためるのだ。

ゆうじん  の  じょん.うえいん  というのだ。  でも  このすとおぶ   いいな。


そっかあら  ぼぶの  お店  多色ばふくん  まえの  まんまかな   

おみせは   おかわりなく。  だな。   


で   ぼぶさんは  いないが  昔から いた  てんいんさん   きゃっぷと はっと とTシャツ  買ってく  かえりがけ  ぼぶさん  きたようだ。   再会  なにより。  



で  すうぱあ  で  買い物  するのだ   すると   あやしげな  すし屋  たぶん  中国人 だろうな。 
 
すうぱあ のまえに たぶん ちゃいな。  まちの いりくちのも  いっけん ふえてた。


内容 いまひとつなので  もう一軒の すうぱあ。

うらんるうじゅ  ではないのんだ。  かども ふらいや  たいめん すうぱあ。


こんでますな  日本の かたも  おった。  レジも  けっこうまちました。

各しょっぷにて   いえろおすとおん の 公園内 は  濁りが入って  良くない  ということなので  このまま  っさとるくんとこ  もどる。

287  ころらどから   のぼってくと   ここまで くんのか。   はしりたく ないか。


そこんとこ   くずれて   みずうみできた。   びじたあせんたあ  そこに ある。


帰って  ひまなんで  お散歩して   うらのかわ  フィッシング  行くのだ   てんから  ふるのだ。

おさんぽ。   もんくさん  わかりまふか?  ぼくが  せつめえ  しまふ。

  
ねらってたとこ  先行者  いるのだ。   なので   じょうりゅうへ   分流 過ぎたとこなんで  流れ  早くて   川岸 の  とこ  流したら  つれたのだな   10 くらい   と   ちっこいの  もいっぴき   またも  かめら  わすれたのだ  しゃしんはない。。

そこの  ふぇんすのあたりで   つりしたのだ。


さて  きょうも  夕やけが  きれいだ   しゃわあ  つかって  買ってきた  肉 食って  寝るのだ。

もんたなの   ゆうひ。   くじはん  くらいかな。   ひが  ながいのだ。




みっしんぐ ろうし。 もんたなしんこう。2016/06/13

はれ  ところによって くもり てんきあめ。


つかれてるのだ  7時半 起床  

ごおすとたうん  の  ようだが こっちがわは  ちゃんと  おみせ  開いてるのだ。


で  移動に  なるのだ  まず  ご飯前に  ぷらうら くんに  ぐりすくれねば いけないというので  まちなか  はあどうぇあや  ないと なぱ が ある   と  なんと  自動車 ぱあつや  2軒 といめんで  あった。

ぼくわ することないで おいも でも ひりっだしまほう。 もんくさんは それ すてます。


で  かえって  せいびと  朝食  わかれて。

ぐりす   とおにゅう。  これで   ろんぐどらいぶも   だいじょうぶ。


ちょうしょくごは  かたずけ  して  9時まわったとこで  しゅつげき  きのう  あんま 早く行っても しょうがないと がくしゅうしたのだ。   ぷらうらくん 引っ張って。


月曜なのに  ずいぶんと  車 あります  じみさん  ほんじつの  とまるとこ  さがしてるようなので  老師と  川へ。


ちゅうしゃじょう。    いがいと   くるま  いるのだ。  


車の割に  釣り人 いない   きのうのとこも  あいてる   らいず見ながら  橋わたって  さいろ  したへ  
 
ばあのんぶりっじ ぽいんと。   と   つりびとは  いうのだ。


しばらくかんさつ    らいず  ない   虫も  とんでない  しかたないので  石まわり  軽く流す   

と  じみさん  ちと じょうりゅうに きた  がいどさんに  来たよといったが  行きませんな   少し  川入って  いしまわり  せめる。

がいどさん が せめてるのだ。    つりびとよか  まえ でないで  ほしいのだな。


ぽちゃっと  でたけど   のっかりませんでした。  ちっちゃいようだったが  ざんねん  で  すこし おきにでて   やってたら   ろうし  見当たらない   ので   おかあがって  呼んでも  こない  ちとさがして  たら   じみさん  いいのかけた  ようだ   20up    ですな   ずいぶんと  上から  くだってきたのだ。


釣り上げて  さらに  老師  さがすが  おらない   ので  手分けして  さがす  下流  見に行って  釣り人に 訪ねても  しらないと。  

こまったもである。    たぶん  くるま かえったかな  と  もんくさん のこって  じぇさん  みに   つりばから  くるま  とほいのだ   もんくさん は  岩の上で  待つ。


ずいぶんと   待つ。


と  やっぱ  くるまとこにいたと  対岸から。

じぇさん  さがして  もどったんだな   でも   老師 には  ちぇんと  来たよと  頭 むけたし   20m もはなれてなかったが   にほいで  わからんか   ほむとうに  おいぬさんだろうけねえ。    麻薬犬とか には  ぜったい  なれんだろうな  こやつ。


で  きりもいいし   移動  

いっちょくせんの  くも。   くもにそって   すすむと   いえろおすとおん。


YS の  キャンプ場や  付近のRVぱあく  入れないそうなので   非常用に  給水  ついでに 給油 して  きいろいいし  目指して  しゅっぱつ  やく 1じかんだな。 
  
$5 はらって きゅうすいと だあくをおたあ すてる すたちおん。 りみっとあるのか?


やまあがってたら   なんか  懐かしい風景に  

やまみち  はいるのだ。


ぱいん  のなか ぬける  道路

こうげん  どうろ。  どおろは  まっすぐ。     やや  ぱいんが...


とちゅう  おもいっっきそ  てんきあめ    それなりに  降ってるが  ろめん  ぜんぜん ぬれてない。

ういんどしいるど  あまつぶ  ぼつぼつ。    きしょうじょうは  くもりだが。


そんで  なんとなく  みおぼえ  あるとこへ   と   へんりいずほおく   わたる   まえ  ここの  ちとしたで  やったのだな   2ひき  ばらしたのだ   つりあげておらない。

と   すぎると   おっきな ふらいしょっぷ   あの ゆうめいつりしの  おっちゃんは げんきだろうか  たぶん  あさっての  かいきんびに  よるだろう。

ゆうめいな  しょっぷ。   てまえから  すていとぱあく。  せいち  なのだ。


と  まじそん  みたいね  と  とほまわりえらぶ   いいけしきだね。

ここを   まっすぐ   いえろおすとおん。   まがると   ああすくえいくれいく。

行ったこと無いが   ちべっとみたいな  空港超えて   と   しかし  RVぱあく  いっぱいあるが   けっこう  こんでおるのだ。   きょうも   しゅくえいちは  きまってないのだな。

もんたな しゅうきょう。   ひょうじ  いろけねえな。  おさかなくらい かいとけ。


ずっと  しゆうちのはずだが  どうぶついない   なにしてんだろ?

で  やっとこさ  まじそんりばあ  ついたのだ   いえ  ふえたかな。

やま  の  あわさった あたり  のぼると  ああすくえいくれいく。   なつかし。


ちっくら  川見てくのだ   P ついたら  雲行き あやしく  きゃんぷもできる  ただ  7日OK    最悪 ここだねと  いいながら    川へ     ちと  にごり  はいってる    すいおん  さほど つめたくない。

ちゅうしゃじょう  ちゅういがき  よくよんどけよ。  7日のみ)きゃんぷ か ですか?


じょうほうしゅうしゅうで  まがって  すぐんとこの しょっぷ   

しょっぷの  おいぬさま   ひとなつこかったが、  つかれて  ねました。


RVぱあくもやってるのだ  空きある  ということで   ここに  2はくと  した  らいせんすも  こうにゅう  2日$35  けっこう  たけえな  もんたなでは  らいせんすは  2日から  でないと  買えない そうだ。。

あらまきじゃけ つくるのだ。 あめよこに おろすのだ。 まらぼう、あらまきいもういっぽん。


ながやしきの  こてえじも  あるのだ←こてえじというのか?  

さとるくん   せってぃんぐ   そのあいだに。    ちょっと  ろうしと  おさんぽ。 
 

で   さとるくん  停めて   おさかなつり 行くのだ。

すぐうら   まじそんりばあ  ぶんりゅう。   がいどさん  おさかな  いますか?


橋 のとこ  で  やっぱ  増水だそうで  ある   いろいろ  試したが  でないのだな  
 
せいち まじそんりばあ。  があでんではない りばあ  NY でなく  MO  なのだ。


そんで  ちょうちんに  したら  つれましたな  たんじゅんに  おもそうだから  と つけた  のに  食いついた でも  じみさんいわく  こんなんで(ふらい)で釣れるんだと   かんしんしとった   非常識は   たまに  結果だすのだな   2匹 釣った  かめら  もってくの  わすれて  え  は ない。


ろうしを とりが もってこうと してるのだ   なんか  こんあ  どうわ  なかったか?

もっと   くらかったが。   ほしが  きれい   なのだ。


へち ん とこに  にぼし。   ろうし  まったく  きづかず。   ほんとに  いぬか。 

せいちで しゅぎょう おっきいおさかな。2016/06/12

早朝はれ  きほん くもり   ゆうがたちかくなってはれ  ぼちぼちすずい。


よなか ろうしが  げろげろ言ってる  みたら  なんともない  で  ねて  また なんかいってる  ので  おきたのだ  まだ 5時はんである  とりあえず  しっこ  だそうと したら  でてこない  ので もんくさん しっこ  帰ってきたら  ろうし でてきて しっこ  ふむ  どうも こきゅうがあわんのだな。
 
あいだほの   あさやけ。   もっと  きれいだったんだがなあ。  P だめだな。


6時はんまわったら  軽く おさんぽ。  すぐうら  おいもばたけ  ひたすら  おいもばたけ   どこまでも つづく   おいもばたけ。

もんくさん  おいも  おわってまふ。    ろうし ちぇっく はいるのだ。


8時はんまわったとこで  出撃 するのだ  きのうの  復讐戦 早い目に でて  川向う せめるのだ。


せんこう  くるま 2台  したくして  川に  橋超えて  きのう 釣れていた あたりへ。

がいどさん  は   かわ  かくにんしながら   あるくのだ。


がいど  さんは   はしの  はいすいこうから   かわの  ようす  みるのだ。


ちゃんと よんどけよ。  500m は  あるいてきたのだな。  ちゃんと よめヽ(`Д´)ノ


ちょろちょろと  らいずが  あります。  でも  きませんな  上の  ばっしゃばっしゃ らいずしてたこも たどりついたら  おとさたなし。
  
やご  が   でてきた。   むしは いっぱい。   とり も  いっぱい。


わらんわらん いた つばめみてなとり  いなくなったら  おさかなも すっかり おとなしくなられたようだ  むしが  いなくなったんだろう。

さっきまで  つばめ みてえな  とり  いたのだが。  つりびとも  いない。


上流 ほうこう  岩んとこで ぱしゃぱしゃ でてくるが  せめても  反応ない  うえ  岩にふらいひっかかって  いくつか 切った。 
 
やご  が   とんぼ  になった。   りゅうばえ。   


で  よく見ると 微妙 に とほいとこで  らいずある。  どうも  うまいとこ  なげれんとこ  うまいこといかん。

がいどZEN  の声したので 岸戻る  らいずあると  いったら  やってみようと  見定めて やってると  じみさんひっと。  さすがである。

がいどさん   かげのよう。   ふねのってるやつに   みせつけて  やるのだ。


そんで  ふらい かえてもらって  こうたいしたら  ついに  あたり あわせいっせんで  きましたな  れいんぼうさん  ころらどでは  かんきもんの  さいず。

いかいのだ。 まだげんき もってるの たいへん  はずいたら  そっこう  にげた。


そっから  しばらくして  らいずあったのだ  ちっちゃいな  と ながしたら  きましたな ちっちゃい あたりだが  もってきます。  とかく   とるく  てか  強い  さいしょ  じゃんぷ したんで  れいんぼおかと  おもってたが  そこそこへと  もってく   ずいぶんと  もってく  なんとか  ふらいらいん  いっぱいまで ひきこんでも  すがた  みえず   
 
なかなか  すがた   みえないのだ。  りいるふぁいと  ずっと してるのだ。


10分くらい かかったように おもうんで  5ふんは  かくとう したろう  

ふらいらいん  ろっどのとこまで  まきこんでも  まだ  すがたみえん。


一回 つかまえたのだが  持ち方悪くて  へんに  にぎったら  おさかなに  わるい  と  てはなしたら  ふっく  外れておった   逃げて行きました    たぶん  20 以上   あったな    ということに  しとこう  つりびと  は  2わりましだ    でも  まえの  れいんぼう  よか  よっぽど でかかった  20 は かるく あったろうな、  おやゆびと  こゆびの  1関節  くらいの胴回りで  あった。


ま  なんていうか  結局  この  2匹  だけだったが  2回  でたの  しっかり  のっけたのだ   もんくさんの  反射神経  けんざい。

Jさん  も  いいの  つりました。   ぼくの   おかげでふ。


満足して  終了。

すうぱあで よってく。   きのうの しょくどうの  ぶらぴ もどきに  こえかけられた。


ふらいしょっぷ   にも   いいぽいんと   きいてくのだ。


きょうも   肉  食う   あいだほびいふ  だろう  きっと  うまい  もんくさんは  霜降り  FUCK  なのだ  想像するだけで  胸焼け。

そんで  終わりでなかったのだな   また  おさかなつり  いくのだ。
  
おみず  は  ほうふ   まきまっせ。   ついでに   しゃわあ  してこう。


しょっぷで  おそわった  おおるど ぶりっじ ぽいんと。   さらに下流へ   なまえどおり  古そうな  橋超えて。 
  
いっしゃせん   いたばり。   じゅうりょうせいげん  みかくにん。


橋から  見たら  立ちこめんかな  ふかそうである。 
 
らいず   らいず   らいず    ほかの つりびとも  いっそけんめい  さがす。


らいず  さがして  あっちこっち   やっと  見つけて  川はいるが  
 
なかすのほうに  むかってるようだ。   もんくさんも  まんなかくらいまで いくのだ。


つれませんでしたな  じみさんは  さすが  ぷろである  ちっちゃいというが   ちゃんと  釣ってるのだ。

ひざうえくらいかな。   とうとうと  ながれる   たちこみ やすい。


まだ  あかるいが  いいじかんだ。
  
ゆうひ が しずむのだ。  ゆうひが のぼってきたら こまる。  しても  ひがながい。


さて  帰って。  

もんたな  へんりいずほおく。   きれいなのだ。   


寝よう。

ろうし も  おつかれのようだ。   もんくさんも  ねどこ つくって  ねるのだ。